アロベビー 日焼け止め

 

赤ちゃん 日焼け止めと虫除けスプレーをつける順番、どっちが先?


 

これは日焼け止めの種類や虫除けスプレーの成分にもよりますので、絶対の順番はありません。

 

ただし、両方の効果をもったアロベビーの日焼け止め&虫除けミストがありますので
そちらを試してはいかがでしょうか?

 

 

 

 

オススメ!アロベビーの日焼け止めを購入♪

 

この商品に出会う前、「今年はお湯で落ちる日焼け止めが欲しい」と探していて、
ノブのUVミルクがお湯で落ちると書いてあったある商品を購入。
でも実際はお湯で落ちなくてガックリ・・・。
そんな時、ネットで調べてやっと出会ったのがこの「アロベビー」なの。
HPには石鹸で簡単に落とせますって書いてあるんだけど、お湯で落ちるとは書いてなくて、
でもレビューをみると「お湯で落ちる!」との評判が!!
思い切って買ってみたら・・・落ちるっ!!
40度くらいのお湯でもするする落とせて、まさに私が求めていた商品でした。
たとえ落ちたように見えて肌に少し残っていたとしても、成分が安心だから大丈夫だね。

 

ただ、「絶対に白くなるのは嫌」という人にはオススメできないかな。
塗ると白くなるから、すこーしずつ馴染ませながら塗らないと大変!
私は日焼け止めにポイントメークっていうお化粧スタイルだから、
白くなるのはおしろい代わりでかえって好都合だけどね。

 

私にとって最高の日焼け止めに出会えたよ。
でも、星ひとつ減らしたのはお値段・・・
2000円くらいだったら良いんだけど、ちょっとお高めだね。

 

もっと日差しが強くなってきたらSPF値の高いモノに切り替えないといけない
かなーって思うけど、今の季節はこれで十分!
私の愛用の「アロベビー」ぜひ使ってみてね。

 

 

 

<アロベビーUVクリームのいいところ>

 

 

1.100%天然由来

 

使われている成分は、100%天然由来の原料のみ。
日焼け止めなのに100%オーガニックのものってほとんどないんだって。
これなら敏感な赤ちゃんの肌にも負担がかからないし、安心して使えるね。

 

 

2.NO!添加物

 

長く使っていると、徐々に真皮にまで届いてシミやくすみの原因になってしまう
紫外線吸収剤。
これはたくさんの日焼け止めに入っているモノなんだけど、
なんと、アロベビーのUVクリームは紫外線吸収剤不使用!
さらに、アルコール・合成ポリマー・シリコン・鉱物油・石油系界面活性剤などの
添加物が入っていない、お肌に優しい日焼け止めなんだよ。

 

 

3.安心・安全の純国産

 

アロベビーUVクリームは、開発から生産まですべて日本で行われているんだって。
外国と日本では赤ちゃんの肌質が違うから、やっぱり日本で作られた
日焼け止めが一番安心だよね。
制作過程でどんなものが入れられているのか気になる海外製品より、日本製が一番!

 

 

4.お湯で簡単に落とせる

 

アロベビーUVクリームは、お湯で簡単に落とせるんだって。
こんなに使い心地にこだわって、肌のことを考えてくれているなんて、嬉しいね。

 

赤ちゃんの日焼け止めで一番のオススメは、紫外線吸収剤不使用の
「アロベビーUVクリーム」。
肌に直接塗るものだから、赤ちゃんにとってもママにとっても日本で製造していることは
大切なポイントだよね。
この日焼け止めは開発から生産まで、すべて日本で行っている純国産。
ベビーグッズやスキンケアアイテムを50年以上作り続けてきたメーカーの下で
出来上がった日焼け止めなんだって。
さらに大きなポイントは、使っている原料が「100%天然由来成分」で「無添加」ということ。
紫外線吸収剤の他にも、香料・着色料・アルコール・シリコン・鉱物油・
石油系界面活性剤・合成ポリマーなど、日焼け止めに配合されがちな成分は全部カット!
日焼け止めを塗った手や腕を赤ちゃんが舐めてしまっても、これなら安心だね。

 

紫外線吸収剤不使用で赤ちゃんに安全!というだけでなく、
赤ちゃんのお肌を守ってくれる、下の3つの主成分が配合されているんだって。

 

@オリーブ葉エキス
セラミドを補って潤いをキープ!お肌のバリア機能を回復させるお手伝いをしてくれるよ。
紫外線を吸収するから、お肌に当たる紫外線をかなり減らしてくれて、日焼け止め効果もアリ。

 

Aカニナバラ果実エキス
ビタミンAとC、ミネラルを含んだ保湿成分。赤ちゃんのお肌をダメージから守って、
肌荒れの予防もしてくれるよ。

 

Bホホバ種子油
ベビーマッサージなどで有名なオイルだよ。
乾燥を予防するビタミンAや、細胞を活発にするビタミンEなど、
たくさんの成分が含まれているんだって。

 

これらの成分は、日焼け止め効果を発揮するのと同時に
赤ちゃんのお肌を保護・ケアしてくれたり、機能を高めてくれたりするんだよ。

 

新生児の赤ちゃんから使えるのも魅力のひとつ。
ママには嬉しいポイントだよね。
オーガニックの日焼け止めの中では、比較的お手頃価格な「アロベビーUVクリーム」。
純国産で、成分も製造過程も信頼できるからオススメだよ!

 

 

(質問)

 

私にはもうすぐ三ヶ月になる娘がいます。
そろそろ日差しも強くなってきて、紫外線が気になります。
日焼け止めは、赤ちゃんでも毎日付けるものなのでしょうか?
また、付ける場合、赤ちゃんにも安心なオススメの商品はありますか?

 

 

 

(回答)

 

まだ月齢が低いので、外へ出掛けるのが散歩程度なら付けなくて良いと思いますよ。
お肌がかぶれてしまうリスクもありますしね。
私はだいたい1歳頃から子供に塗り始めました。
3ヶ月の頃はまだ何も付けていませんでしたよ。

 

 

私は塗ったり塗らなかったり・・・でした。
ジョンソン&ジョンソンのベビーローションは低刺激で値段も安いので、私は好きです。
ベビーカーに乗るとき、日差しよけをしていても足だけは日に当たってしまう
ことがあるので、足だけ塗っている方もいましたよ。
特に、女の子を育てているお母さんは気を配っていましたね。

 

 

 

(質問)

 

5ヶ月の赤ちゃんのママです。
最近日差しが強くなってきて、赤ちゃんにも日焼け止めを塗った方がよいのかな、と
考えるようになりました。
赤ちゃんにはまだ刺激が強いのかな、と心配な気持ちもあります。
どちらがよいのでしょうか?
教えていただけたらと思います。

 

 

(回答)

 

「赤ちゃんにも使える・・・」という製品もありますが、実態は
「赤ちゃんに使っても法的に問題ない・・・」というものです。
もし塗るのであれば、よくある「赤ちゃんにも使える弱酸性・・・」のような
製品ではなく、ちゃんとしたオーガニックなものを購入されると良いと思います。
赤ちゃんの肌にも負担のかからない成分のものが安心ですね。

 

 

現在小学生の子供が二人います。生まれて10年程経ちますが、二人ともきれいな肌を
していると思います。
0歳の時から日焼け止めを使っていましたが、小さい頃は少し高価な日焼け止めを
全身に使用していました。
5歳くらいからは高価なものは顔だけにして、体は多少安いものを塗るようにしました。
きちんと塗ると、コストもかかってしまうので難しいところですね。
日焼け止めと同時に、帽子での対策をすることもオススメします。

 

(質問)

 

紫外線対策について質問です。
日焼け止めとBBクリーム(日焼け止め入り)だと、
どちらを塗った方が良いと思いますか?
あまり肌に負担をかけたくはないのですが、BBだと効果が薄い気がしてしまいます・・・
又、どちらかを塗った場合、パウダー等もした方が良いのでしょうか?

 

 

(回答)

 

私は赤ちゃんにも使えるSPF28の日焼け止めと、BBクリーム、粉ファンデを使っていますよ。
SPFが高いほど肌への負担も大きくなるので、高いものは避けたいですね。
日常生活であればSPF10くらいでも十分だと思います。
紫外線は一年中あるものですから、日焼け止めはいつでも
無条件に塗った方が良いと思いますよ。
この時期は花粉からも肌を守ってくれるので、外出する際には
ファンデも塗ることをオススメします。
また、日焼け止めやファンデを塗るだけでなく、同時に帽子や日傘も使って
なるべく肌に直接紫外線を浴びせないようにすることが大切ですね。
生活習慣にも気を配ると、尚良いと思います。

 

 

 

(質問)

 

知恵袋に、6か月くらいの赤ちゃんから日焼け止めを塗っても良いと書いてありました。
私は子供を保育園に預けているので朝しか塗っていないのですが・・・
日中は園庭で遊んだり、散歩に出かけたり、
朝・夕は歩きで送迎したりと外へ出る回数も多いです。
外へ出るたびに日焼け止めを塗った方が良いのでしょうか?

 

 

(回答)

 

赤ちゃんの日焼け止めは、大体「汗で落ちません」と書いてあるので
塗るのは朝の1回で良いかと思います。
「経皮毒」なんて言葉もありますし、塗りすぎも良くありません。
経皮毒は、正しくは「経皮性毒性」と言って、有害性のある化学物質が皮膚から
吸収されることだそうです。
悪い業者が健康を謳って高いものを売りつけようとする時によく使う言葉、
という印象ですね。
ただ、紫外線吸収剤は刺激が強く、紫外線散乱剤は皮膚を乾燥させることで知られています。
実際にこれらの成分が原因で炎症を起こす赤ちゃんもいますから、注意が必要です。
それに、敏感肌用の日焼け止めにも乳化剤やシリコン、界面活性剤が多少なりとも
入っているので、たくさん塗ることで肌への負担も大きくなるかもしれませんね。

 

ほどほどに塗る、もしくは、オーガニック製品の使用も検討してみてください。