アロベビー 日焼け止め

 

 

もうすぐ3か月になる娘のママなんですが質問があります。
最近はめっきり日差しも強くなり赤ちゃんの肌が心配なんですが、
3か月の赤ちゃんもお出かけの時は日焼け止めは付けるものなんでしょうか?
付けるとするとオススメの商品はありますか?

 

 

アロベビーのUVミストがオススメですよ

 

 

 

日焼け止めについて質問なんですが、5か月の赤ちゃんの母親です。
もうそろそろ日差しが強くなってくる季節なんですが、
5か月の赤ちゃんにも日焼け止めは塗ったほうがいいのでしょうか?
それとも5か月の赤ちゃんにはまだ刺激が強いのから塗らないほうがいいのか
教えていただけると助かります。

 

 

 

赤ちゃんの肌に負担をなるべくかけないオーガニックな成分のものを塗ったほうがいいですよ。

 

 

 

紫外線対策についてのことなんですが
出来るだけ肌にはあまり負担をかけたくないので
日焼け止めとBB(日焼け止め入り)
どっちを塗ったほうがいいのでしょうか?
BBだけだと効果がいまいちな気がして。
あとどちらか塗った場合にパウダーなどは
やったほうがいいですか?

 

 

 

日常生活であればSPF10あれば十分なんで、
私は赤ちゃんにも使えるSPF28の日焼け止め、BBクリーム、粉ファンデですね。
SPFが高いほど肌にも負担がかかりますからね。
あとは塗るだけではなく、帽子や日傘でなるべく紫外線を直接肌に浴びせないことが
大事なことだと思いますね。

 

 

 

 

今日初めて6か月くらいの赤ちゃんから日焼け止めが塗れると知ったんですが、
1日に何回ぐらい塗ったらいいんでしょうか?
私自身は大体朝一度塗るぐらいなんですけど、
赤ちゃんの場合は外に行くたびに塗った方がいいんでしょうか?

 

 

私は赤ちゃんも1回ぐらいでいいと思いますけどね。
赤ちゃんの日焼け止めには大体「汗で落ちません」って書いてありますからね。

 

それに「経皮毒」という言葉もありますからね。
だけどそんなこと言い出したら何にも塗れなくなっちゃうので、
赤ちゃんの肌の様子を見ながら、ほどほどに塗ってあげるのがいいかなと思います。

 

乳児湿疹の原因は?

 

 

乳児に起こる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼んでいますね。
これはなぜかというと、赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、
ちょっとしたことですぐに湿疹ができてしまうのですが、特に生後6ヶ月頃までの原因の特定が難しく、
ジュクジュク、カサカサ、ベタベタなど種類がいくつもあり体のあらゆる場所にでき、
そのそれぞれで呼び名も違ってくるので、とても原因の特定が難しいからです。

 

 

 

赤ちゃんの肌は大人と比べても湿疹が起こりやすいのですが、その原因は主に3つ。

 

 

「皮脂と汗の分泌が盛んである」「皮膚の角質層が薄い」「肌が乾燥しやすい」
この3つが主な原因となって湿疹が出るのですが、
なぜその3つが原因となって起こるのかということを説明していきますね。

 

 

まず1つめの「皮脂と汗の分泌が盛んである」が原因で起こる湿疹とは?

 

新生児期から生後3ヶ月頃まで特に新陳代謝が活発で、
女性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌される一方で、毛穴はまだ小さいため
皮脂がたいへん詰まりやすく「新生児ニキビ」や「乳児脂漏性湿疹」等を引き起こしてしまいます。

 

 

次に2つめの「皮膚の角質層が薄い」が原因で起こる湿疹とは?

 

角質層とは潤いを保ったり有害物質の侵入を防いだりする大切な役目がありますが、
赤ちゃんは角質層がたいへん未熟で薄いためにすぐに肌にダメージを受けるので、
「おむつかぶれ」や「あせも」等を引き起こしてしまいます。

 

 

3つめの「肌が乾燥しやすい」が原因で起こる湿疹とは?

 

1つめの「皮脂と汗の分泌が盛んである」で「生後3ヶ月頃まで特に新陳代謝が活発で」と
書いたんですが、これは逆に生後3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌が落ち着くため、
こんどは乾燥にとても弱くなります。乾燥に赤ちゃんの肌が耐えられないと、
「乾燥性皮膚炎」という湿疹ができてしまいます。冬の乾燥と重なるときは特に注意してくださいね。

 

 

 

 

日焼けしやすい体質ってありますよね?

 

日焼け止めを塗ってるはずなのに気づけば・・・って人
しかも、肌が弱くてなるべく肌に負担をかけたくない人。

 

そう言う人って肌への負担の少ない紫外線吸収剤不使用の物を使いたいですよね?
でも薬局で売ってるものって種類が少なくて数値の低いSPF15の物しかないってことも。

 

SPFは50でも30でもあまり効果は変わらないって聞くし、15でもいいかな?っておもっちゃう人もいます。

 

焼けやすい体質でもこまめに塗りなおせば低い数値でも大丈夫なのかなって。

 

でも違うんです。
SPFは50でも30でも効果は変わらないってことはありません。
50は海やレジャーに最適な数値で30が日常生活に使いの二ちょうどいい物、だから15は低すぎるかもしれませんね。

 

でも、じゃあ意味がないかって言われると違うんです。

 

そもそも、日焼け止めの効果ってどのくらいだと思いますか?2時間ほどです。

 

だからこまめに塗りなおせば大丈夫でしょう。

 

肌が弱いと日焼け止めの選択肢も狭まってしまいまいますよね。

 

でも面倒くさがらずにこまめに日焼け止めを塗りなおしましょう。

 

自分の肌を守れるのは自分自身しかいません。

 

ちゃんとする事で肌を守り快適に過ごしましょう!

 

 

日焼け対策、皆さんはどうしてます?

 

ちょっとの間だけだから日焼け止めを塗らずに外出なんてことしてませんか?
通勤や洗濯、買い物などの短い間だけだからっと思ってません?照り返された日光が肌を少しずつ焼いていき気づいたときには!
なんてことになったら怖いですよね。

 

やっぱり毎日の事だから肌に蓄積されていくので、面倒がらずに日焼け止めを塗ったほうがいいに決まってます!
でも、敏感肌だから日焼け止めを塗ると肌荒れが酷くなる。
汗を掻くとベタ付いて気持ち悪い!なんて人もいますよね。

 

有名ブランドのお高い日焼け止めを使えば肌荒れやベタつきも気にならないでしょう。

 

しかし庶民の私たちでは日焼け止めに何万も使えない!あきらめるしかないのか?っと思うでしょう・・・が!
そんな人はラッシュポゼって商品を使ってみるといいかも!
この商品はなんと芸能人の梨花さんや辺見えみりさんも使ってるみたい。

 

ラロッシュポゼは敏感肌用でニキビなんかも起きにくく肌に優しい商品なんです!
有名ブランドのお高い日焼け止め
お値段は30ミリで3500円
普通の日焼け止めよりかはちょっと高めかな?と思うかもしれないけど敏感肌の人は後のお手入れのことを考えれば安い値段だと思うよ!

 

日焼け止めは強さはspfで表しします。

この数値が高いほうが紫外線がカットできるんです。

 

でも高い日焼け止めは肌に負担がかかるって言いますよね。
顔に塗るのに不安って思いません?
そもそも負担ってどういうものなのか具体的に知っていますか?
日焼け止めって落ちやすかったり落としやすかったりするとSPF値に関係なく効果が保てなくなっちゃうんです。

 

真夏のカンカン照りでのレジャーに対応できるような日焼け止めは付けた感触が悪かったり洗顔で落ちにくい!
それは何故か?快適性より落ちにくさを優先させないと日焼け止めの意味がなくなっちゃうんです。

 

乾燥肌の人はさらに乾燥が進んだりして辛いし、汚れとして残れば肌荒れの原因にも!
って事でSPFの高い物は肌トラブルを起こす人の割合が多いんです。

 

それを負担って言う表現をしているんですよね。
日焼け止め自体が肌に悪いわけじゃないんです!
でもそれは以前までの話!最近はSPFが高くても負担にならない事が多いです。

 

数値が高くても商品の快適性を求めて日焼け止めとしてはちょっとって物もあります。

 

高い物は高い技術で作られた物が多いので快適性と落ちにくさを両立させた物もできたりします!
日焼け止めと上手く使えない人が紫外線ダメージを受け、ちゃんと日焼け止めを落とさなかったりで肌トラブルに発展しちゃうんです!
日焼けってやっぱり嫌だから上手に日焼け止めを選んで肌トラブルなく夏を過ごしたいですね!

 

肌が白くて日焼けをしたくて海で焼いてみようかな?って思って海で肌を焼いてみた事ないですか?
でも顔や皮膚が真っ赤に!1日たってもまだ肌が真っ赤!肌を黒く焼くために海に行ったのになんで?
なんてことがおこった事ありませんか?
海で太陽を浴びても赤いままの人も多いそうですよ。
肌がボロボロになる人や、焼けない人もいます!
綺麗に焼きたいなら海などの外で焼くより日焼けサロンに行ったほうがいいですよ!
日焼けマシンはまず、下地を作らないといけないので何回も通わないといけないけど、外で焼くより全然綺麗に焼けます。

 

1ヶ月ぐらいは保てます!
それと日焼けはした後のケアも大切ですよ!
どういったケアをすればいいのか具体的に知ってますか?
日焼けした後は体を冷たいシャワーで冷やすことが大切です。
ただし優しい水圧で!
顔は冷たいタオルか保冷剤を包んだタオルで日焼けした場所に当てる。
それに低刺激の化粧水でパッティング!
唇はどうしてますか?なんと唇も日焼けするんですよ!何もしないと日焼けでボロボロになってしまいます。

 

日焼けしたすぐ後は赤く、ヒリヒリするのでそれが落ち着いたらリップをたっぷり塗って3分間ラップパックをして唇をケアしてあげましょう!

 

 

1度は日焼けして黒くしてみたいって思いません?

日焼けした後のケアをしっかり考えて日焼けして見るのもいいかもしれないですね!

 

肌が白いと日に焼けた小麦色の肌って憧れてしまいますよね?
小麦色の肌は健康的で魅力的に見えますよね?海で焼く事もありますが海は人目もあって焼くのもちょっと恥ずかしいなんて人も。

 

でも、日焼けサロンなら、マシンに入るのはもちろん1人なので人目も気にならないのでサロンで綺麗に小麦色に焼こうって思って通う人も多いです。

 

日焼けサロンって毎日焼きに行ったほうがいいのかな?って思いませんか?
普通日焼けマシンを初めて使った後は3日空けた後に次をした方がいいって言われてるんです。

 

でも日焼けサロンに通って3日たったのにまだ肌が赤く、しかも、とてもかゆくなってきた!でも3日たったし、またやっても大丈夫かな?なんて思ってる人は要注意!
もともと肌が白く色素が少ない人が日焼けマシンに入るのはとっても危険なんです!
白人の方は肌が白いですが、それで皮膚がんになるリスクが高いって言われてるんです。

 

肌が白い人は日焼けに憧れてしまいますが、リスクが高いのであまりお勧めはできないですね。

 

健康的な小麦色の肌に憧れて将来不健康に!なんてことになったら嫌ですよね。

 

自分の肌がどんな風なのかをきちんと確認して自分に向いてないと思ったら諦めたほうがいいかもしれません。

 

 

相談なんですが、両方の腕から手先まで日焼けし真っ赤になって、最初はヒリヒリと痛みが続いた後に次第に凄く痒くなっきて、水ぶくれも出てきた!1週間も経ってるのにまだ体全体が痒いんです。

 

今はカーマインローションとワセリンで肌を守ってます。

 

外出時には日焼け止め、長袖かアームウォーマーを着用中なんです。

 

痒みには薬局で相談して決めたレスタミンとムヒで対応してるのに全然収まらない!痒くてたまらない!
それに、皮が向けてる部分もあるけど虫刺され見たいに赤くブツブツになってるの。

 

皮が剥けてる部分とそうでない部分、全然向けてない部分もあるし、いずれは全体がちゃんと剥けるのかな?それにこの痒みは剥けきるまで続くのかな?って今不安です。

 

 

痒みって凄く辛いですよね。

日焼け止めは最初からちゃんとしてましたか?普通は日焼けしただけじゃそんな症状起きないのに不思議だね?
そうそう、痒みってどうやっておこるのか知ってます?それは、皮膚から水分が抜け気って起きる症状なんだよね。
だから痒みが続くなら保湿をしっかりするしか対応がないんだよ。
リベアなどの保湿剤を塗るのが効果的かな?
でもやっぱり一番は病院などでちゃんと診察してもらう事かな。

 

 

日焼けしやすいかどうかって気温と比例したりするのかな?って疑問に思ったりしませんか?
結論から言うと、比例したりしません。

 

なぜなら、日焼けは太陽光から出る紫外線によって起こるからです。

 

だから、例えばサウナに入ったとしても温度でするなんて事はありません。

 

気温が高くても家の中にいたら日焼けってしませんよね?それは紫外線に当たってないからです。

 

日焼けはメラノサイトってヤツの働きによるメラニン色素の蓄積が原因なんです。

 

コレは体質的な問題で起こりやすい人とそうじゃない人がいるんです。

 

同じ日焼け止めを塗って同じように過ごした友達と日焼けぐわいが違うのはそういうわけです
太陽光から出る紫外線が原因なので寒い季節、そう冬でも日焼けは起こるんです!知ってましたか?
冬は寒いから体を覆う布が多いので夏より日焼けしにくいから冬は日焼けしないって思ってる人もいるかもしれませんね。

 

もしかしたらそのせいで、日焼けが気温と比例してるって思われてるのかもしれないですね。

 

そう考えると日焼けは気温とも関係してるといえるかもしれませんね。

 

夏は暑いから薄着になり肌を露出させて紫外線の影響を受けやすく日焼けしやすくなり、冬は寒いから厚着になり紫外線の影響を受けにくくなる。

 

直接的には関係ないけど、まったく関係ないとは言い切れない。

 

原因を考えると日焼けの対処の仕方もわかっていいかもしれないですね!

 

 

日焼け止めって、オイルで塗ったら逆に焼けたりするって本当ですか?

 

 

日焼け止めって、オイルで塗ったら逆に焼けたりするって本当ですか?

 

っていわれているのを良く聞きます。

 

日焼け止めなのに、逆に焼ける!?ってそんなわけありません。
それってたぶん勘違いしてますね。
日焼け止めは日焼けを止めるからその名前が付いているんです!
たぶんオイルって言うのはサンオイルと間違えてるんだと思いますね。
サンオイルは自分の体を焼くために体に塗るオイルです。
コレを塗るとこんがり小麦色になってしまいます。
だから絶対に間違えないように選んでくださいね!コレを間違えて買ってしまうと大変な事になりますよ!
そもそも、日焼けってどうして起こってしまうのか知ってますか?
日焼けが起こるのは太陽光にある紫外線を浴びて、皮膚が炎症を起こすからなんです!
そして炎症を起こすとメラニン色素が皮膚表面に沈着して肌が黒っぽくなる。
これが肌を焼くという事です。

 

日焼け止めを塗っているのに日焼けしてしまうのはそれらを抑える役割があるSPFなどの数値が低いからなんです!その他にも使い方に問題があったり。

 

商品の注意点をキチンとよんで使い方をちゃんと確認して使うようにしなければいけませんね。

 

日焼けをしたくないなら日焼けについてちゃんと学び商品を使用するときはキチンと確認する事を日ごろから心がける事が大切なのかもしれませんね!

 

紫外線は太陽光から出るものなので、年中対策しなければいけません。

 

冬だから日焼けにならないなんて事はないんです!だから毎日しっかり対策をして日焼けしないように!ってわかっているんですけど、夏場なんかは・・・
夏は顔にも使える日焼け止めを使って化粧をしますよね?でも太陽がカンカンと照りつける真夏日は汗でベトベトになっちゃいますよね。

 

だから顔にはあんまり塗りたくなくなって、毎日じゃなくてもって思って日焼け止めを省く日も・・・それじゃあいけないって分かってるけど、どうしても汗でベトベトなのは気持ち悪いし嫌になって辞めちゃうんですよね。

 

しかも、冬になると、日差しもあんまり強くないからって思ってそもそも日焼け止めを最初から塗らない、なんて場合も
下地にもファンデーションにも紫外線対策のSPFが入ってる物を使ってるし大丈夫でしょう!っと思って雑になるんですよね。

 

でも考えてみると、日焼けクリームの効果は2時間程度です。

 

夏などは汗を掻いてメイク直しも頻繁にするので、その時紫外線対策用の化粧品を使えば十分対策はできてると思いません?
最近は化粧品の中にSPFが入っている物が多くなってます。

 

なので、朝の忙しい時間に簡単に日焼け対策ができるので、本当に楽になりましたよ!