医療脱毛のおかげでコンプレックスが解消できました

肌が触れ合ったときなどにチクチクすることが嫌

肌が触れ合ったときなどにチクチクすることが嫌で姉に相談したところ、姉と共有するということで除毛クリームを買ってもらえることになりました。
しかしながら、姉には除毛クリームが効果的だったものの、自分の場合はやはりすぐに毛が生えてしまってあまり効果を得ることができなかったのです。
仕方なくチクチクを我慢して処理を続けていたのですが、あるとき気になっていた男の子に腕を触られたときに、めっちゃチクチクしていると笑われてしまいました。
恥ずかしくて泣きそうになりましたが、空気を壊してしまうことが嫌で笑って流したのです。
そのときは笑ってやり過ごしたものの、思い出してから家で泣いてしまうほどであり、その日から人に肌を触られることに苦手意識を持つようになりました。
高校生になって彼氏ができましたが、笑われるかもしれないと思うと腕や足が触れてしまうことがないように一定の距離を取っていたのです。
よそよそしい態度が原因で別れることになり、更に強いトラウマを抱えることになりました。
大学に進学してからは恋のことは忘れて勉強に励んでいたのですが、バイト先の先輩が気になるようになったのです。
友達に恋愛相談をしているときに、実は毛が濃いことがコンプレックスで恋愛に積極的になれないと話すと、なんと脱毛を勧められました。
存在自体は知っていましたが、これまで検討したことがなかったので驚きながら話を聞いてみると、友達は医療脱毛に通っていることが判明したのです。
紹介することができるから通ってみなよと言われたのですが、バイト代は趣味に費やしていたので医療脱毛を受けるほどの余裕がありませんでした。

医療脱毛でコンプレックスを解消肌が触れ合ったときなどにチクチクすることが嫌自信が持てるようになった